代表的なプレス機とその豆知識

プレス機の種類や豆知識について

プレス機は、細かな形状などを短時間で大量生産が出来るというメリットがあり、金属加工業界では主流の設備となっています。プレス機には、機械プレスや液圧プレス、パンチプレスなどがあり、それぞれ特徴や使用用途が違います。機械プレスは、液圧式と違い液漏れの心配が無いというメリットがあり、機械プレスの中にも幾つかの種類があります。主流のタイプはクランク式で、モーター回転をクランクで動きを上下に変えて駆動して加圧するものです。
高速で加工出来るというメリットから、加工現場では主流のプレス機になっています。液圧プレスは、油か水をシリンダーに送り圧力を利用して加工を行います。大きさや長さなどに対応出来るというメリットがあり、大きさによって加圧の力が高くなります。
近年では水圧よりも、油圧式のプレス機が主流となっています。パンチプレスは、板状の金属に穴抜きなどを行う際に使用され、パンチングを行う機材としては幅広く使用されています。身近にあるプレス機による加工製品は、自動車のドアなどを始め様々なパーツ部品や、薄型テレビ、冷蔵庫、エアコンなどのボディなど色々な物があります。また、電化製品などに内蔵されている、コンプレッサーもプレス機の加工製品です。

代表的なプレス機と種類の多いプレス機

プレス機とは、金型に圧力を加える装置です。機械に挟んだ物を作成したい形状に変形させる事が出来ます。金属を曲げる事や、切断、潰すなど、形を変える以外にもさまざまな加工を行う事が可能です。ハンマーとも呼ばれるプレス機ですが、下側に加工素材を変形させることが出来る金型のダイ、上側は金型パンチでダイとパンチを上下にスライドさせることで挟んだ素材を変形する事が出来ます。
このプレス機は種類が多く機構や構造によって使い分ける事が出来ます。種類の多いプレス機を大きく2種類に分けると機械式、液圧式、になります。機械式とは、モーターの回転をクランクで往復にさせます。液圧式は液体と油を用いてスライドさせます。液圧式は油圧式とも呼ばれます。
他にも代表的なプレス機械はフレーム形状にのものです。単発の作業に向いています。その他にもクランクプレスはスライドを駆動させる機構がクランク構造になっていて上下させることで加圧します。大量生産に向いている機械です。プレス機は金属の加工を行う時には欠かせない機械です。プレス機にはそれぞれの仕様や構成によってメリットやデメリットがあります。目的をしっかり考え作りたい製品に合わせて使い分ける事が重要です。

Calendar

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Category

What's New

2017年08月25日
プレス機を使用している身近な家電を更新。
2017年08月25日
技術の多様性に合わせたプレス機を更新。
2017年08月25日
メリットデメリットを考えて使用するプレス機を更新。
2017年08月25日
代表的なプレス機とその豆知識を更新。