メリットデメリットを考えて使用するプレス機

代表的なプレス機の種類

機械の中に金属などの素材を入れ、機械側に取り付けてある金型の形状を素材に写し、成型していくのがプレス機といわれる物です。一口にプレス機と言ってもその種類は豊富で、用途に合わせたプレス機が数多く販売されております。今回は代表的な3種類のプレス機をご紹介致します。1つ目は「機械プレス」です。こちらは現在主流となっているプレス機で、高速で加工できます。加圧部のスライド機構によって種類が異なりまが、最も一般的なのがクランク式です。また、動力に液体を使用しないので液漏れの心配がない上、メンテナンスも比較的容易にできます。
2つ目は「液圧プレス」です。その名の通り、動力に油を使用する油圧式や、水を利用する水圧式などがあります。以前までは水圧式が活躍していましたが、水を使用している為に金属が錆びてしまう可能性がありました。現在では金属が錆びない油圧式が広く普及しています。また、油圧式は水圧式に比べ制御性にも優れています。
3つ目は「パンチプレス」です。タレットパンチプレスとも呼びます。薄板金属にに穴を空けていく機械で、精密板金に使用されます。穴空け以外にもタップ加工や、小さい曲げ加工も出来ます。今回紹介したプレス機以外にも、様々なプレス機があります。用途に合わせて選びましょう。

プレス機のメリットとデメリット

プレス機とは、2個以上の対をなす金型を使って、被加工材に非常に強い力を与えて、被加工材を求める形状に成形加工する時に用いられる機械をいいます。切削機械などのその他の機械と比べると、生産性の高い大量生産ができる加工方法です。それでは今回はプレス機のメリットとデメリットについて紹介していこうと思います。それではまずメリットからです。メリットについては先ほども述べたように生産性が高いということです。小さい製品だと1分間だけで製品を作ることも可能です。他の加工では1分間で製品を作るのはなかなか難しいです。
また、材料に無駄がなくロスが少ないです。金属の平井板を打ち付ける作業なので、鉄くずなどの材料の無駄を省くこことができ、プレス機は薄い、軽い、小さい製品を大量に作り出すことができます。一方、デメリットもあります。プレス機は危険があるということです。プレス機による事故はニュースになったりもしています。プレス機は非常に強い力で物を潰します。指を挟んだりするとひとたまりもありません。ニュースでは、指を挟んだり、人が挟まれて亡くなったりという死亡事故にもなったことがあります。プレス機は利便性がありますが、気をつけて利用しましょう。

Calendar

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Category

What's New

2017年08月25日
プレス機を使用している身近な家電を更新。
2017年08月25日
技術の多様性に合わせたプレス機を更新。
2017年08月25日
メリットデメリットを考えて使用するプレス機を更新。
2017年08月25日
代表的なプレス機とその豆知識を更新。