プレス機を使用している身近な家電

目的に応じて使い分けるプレス機

プレス機とは金型に圧力を加えることによって、金型に挟んだものを目的に合わせた形状に変化させる機械です。連続した加工が簡単にできる為、大量生産を行う生産現場において幅広く用いられています。まずプレス機は機械式と油圧式の2つのタイプに大別できます。機械式はモーターを動力源としていてプレスを行う機械ですが、油圧式というのは液圧によって金型に力を加えていきます。
機械式は加工中のスピードや位置をコントロールできることので、幅広い加工のニーズに対応できるようになり主流となっています。またそのフレームの形式にも種類があります。横から見た形状がCの形となっているものをC形フレームといい、単発作業などには向いているものの耐久性には劣ってしまいます。
加工エリアの四隅に4本の柱をもつタイプをストレートサイドフレームといい、C形フレームとは反対に剛耐久性に優れているのが特徴です。しかしその反面作業効率は劣ってしまいます。また、モーターの回転運動を金型の上下動に変換するための部分をクランクといって、その種類もシングルクランクとダブルクランクとがあります。このようにプレス機には様々な形状があるので、その時の目的に応じて使い分けることが重要です。

プレス機のメリットデメリット

プレス機とは金属板などを金型で加工する時に使用する機械で、強い圧力を加えることで金属板を型に沿って加工することが出来ます。またプレス機を使用して行う加工のことをプレス加工と言って薄い板金を曲げる、形を形成するといった加工方法の1つの方法ということが出来ます。
つまりプレス加工をすることで金属の素材に圧力をかけて金型のサイズ通りに変形することが出来る技術です。被加工素材は元の形状に戻らない様にプレスして変形させていく、このプレス加工にかかる時間はとても短いのが特徴で2、3秒くらいで1つの形状が完成します。
プレス機を使用した加工のメリットは金属の平版より製品を打ち出していくので無駄が少なく廃材がほとんど出ないとコスト的な面で魅力的です。また他の加工と比較し安定性が高く精度がいい製品を製造することが出来ます。ですが単純な形を生成するのは得意ですが複雑な形状には適していません。
さらにデメリットとしては初期の投資がかかり、作業に怪我などのリスクが伴うので熟練の技能者が必要となります。ちなみにプレス機を使用して作った身近なモノを紹介すると自動車、エアコン、冷蔵庫の部品、日本円の硬貨などが挙げられます。

Calendar

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Category

What's New

2017年08月25日
プレス機を使用している身近な家電を更新。
2017年08月25日
技術の多様性に合わせたプレス機を更新。
2017年08月25日
メリットデメリットを考えて使用するプレス機を更新。
2017年08月25日
代表的なプレス機とその豆知識を更新。